USEN ICT Solutionsとエンドポイントセキュリティサービスにおける協業を開始

バリオセキュア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:稲見 吉彦、証券コード:4494、以下バリオセキュア)は、株式会社USEN ICT Solutionsとエンドポイントセキュリティサービスの協業を開始し、10月5日より提供を開始しました。
以前より協業しております、ゲートウェイセキュリティサービスにエンドポイントセキュリティサービスを加えることで、より安心安全なネットワーク環境の提供が可能となります。
これにより、国内全国における販売網の強化を図り、企業の国内拠点におけるネットワークセキュリティ強化に貢献するサービスの拡販を促進させます。

■「エンドポイントセキュリティ」とは
「エンドポイントセキュリティ」とは、情報漏えい事故の原因として多い、標的型攻撃やランサムウェア(復元するために身代金を要求する不正プログラム)などのサイバー攻撃を検知し、被害を未然に防ぐエンドポイント対策です。検知後の対応までサービスに含まれるため、担当者の負担軽減が可能です。最小5ユーザから利用可能なマネージド型EDR(MDR)サービスです。

<サービス紹介URL> https://edr.variosecure.net/

  1. ランサムウェア攻撃に有効となるデータバックアップサービスの業種別事例集を公開

  2. 『医療機関向け』サイバーセキュリティセミナーを開催いたします

  3. ソリューションサイトにお客様の導入事例を公開しました

  4. サイバーセキュリティ関連コンテンツを集約したソリューションサイトを公開しました

  5. 株式会社USEN ICT Solutions主催『サイバーレジリエンスを強化するバックアップソリューション|WEBセミナー』にて講演いたします

  6. KDDI まとめてオフィス東日本株式会社 主催セミナー『コミュニケーション強化がカギ 最強の組織の作り方』にて講演致します

  7. ランサムウェア攻撃によるリスクと対策に必要な考え方が理解できるホワイトペーパーを公開

  8. バリオセキュアの中小規模事業者向けUTMのVCRとVario EDR/EPPが、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)のサイバーセキュリティお助け隊サービス認定

  9. バリオセキュア、脆弱性診断サービスの提供開始により、 ワンストップでの企業向けセキュリティ支援サービスを強化 【2023年8月17日より販売開始】

  10. 【医療IT関係者様必見ウェビナー】 厚生労働省の最新医療情報ガイドライン 第6.0版に求められる具体的対応とは のご案内