Vario Communicate Router

中小企業の情報セキュリティに特化 オールインワンセキュリティ
「VCR-Vario Communicate Router」

VCR–Vario Communicate Router

製品仕様

製品仕様
仕様 VCR115w
LANポート数 4
ファイアウォールスループット 3,500Mbps
最大セッション数 6,000,000
新規セッション数/秒 27,500
VPNスループット 350Mbps
アンチウイルススループット 520Mbps
IPSスループット 900Mbps
UTMスループット※ 250Mbps
リモートアクセス VPNプロトコル PPTP、L2TP、SSL-VPN
拠点間VPN プロトコル IPSec、SSL
VPN同時接続数 500
サーバー連携(ユーザー管理) Active Directory、LDAP、RADIUS
推奨ユーザー(クライアント数) 50
外形寸法(幅×奥行×高さ) 22.5×15.0×4.4 cm
質量 1.19kg
電力消費量 4.83W、16.468 BTU/hr (アイドル時) 9.84W、33.55 BTU/hr (フルロード時)
動作室温 0~40℃
保管室温 -20~80℃
湿度 10~90%※結露なきこと
ワイヤレス
準拠規格 IEEE 802.11a/b/g/n
アンテナ 3 x 3 MIMO
SSID数 8
実効放射電力 802.11a: 12dBm ± 2dBm@54Mbps 802.11b: 17dBm ± 2dBm@11Mbps 802.11g: 16dBm ± 2dBm@54Mbps 802.11gn (HT20): 15dBm ± 2dBm@MCS7 802.11gn (HT40): 14dBm ± 2dBm@MCS7 802.11an (HT20): 12dBm ± 2dBm@MCS7 802.11an (HT40): 11dBm ± 2dBm@MCS7
受信感度 802.11a: ≤ -81dBm@54Mbps 802.11b: ≤ -92dBm @11Mbps 802.11g: ≤ -82dBm @54Mbps 802.11gn (HT20): ≤ -79 dBm@MCS7 802.11gn (HT40): ≤ -76dBm@MCS7 802.11an (HT20): ≤ -78dBm@MCS7 802.11an (HT40): ≤ -74dBm@MCS7
周波数範囲 2.412-2.472GHz 5.180-5.240GHz 5.745-5.825GHz
チャネル数 2.4GHz: 13チャネル、5GHz: 4チャネル
データ転送速度 802.11n: 450Mbpsまで 802.11b: 11Mbpsまで 802.11g: 54Mbpsまで

※ UTMスループットは、アンチウイルス・アンチスパム・IPS・Webフィルタ・アプリケーションフィルタを動作させたときのスループットになります。
※ 上記仕様は、機能・性能改善のため予告なく変更する場合があります。


提供機能

ルーター
  • アドレス設定方式 静的・PPPoE・DHCP
  • ルーティング RIP(v1/v2)・OSPF・BGP・スタティック
  • ネットワーク関連サービス DHCPサーバー/リレー・DNSサーバー/リゾルバ
  • マルチリンク 複数インターネット回線に対応 重みづけによる負荷分散 リンク切断時のフェールオーバー
  • アドレス変換機能 NAT機能(IPアドレス・ポート変換)
ブリッジモード
  • 透過的に設置
  • 既存の機器・ネットワーク設定を変更することなくセキュリティ強化 ※VPN機能は利用不可
ファイアウォール
  • ゾーンやネットワーク、プロトコル、国、ユーザーなど様々な要素をポリシーに利用可能
  • DoS・DDoS攻撃対策
  • MAC、IP-MACフィルタリング可能
ユーザー認証
  • DHCPやWiFi環境でも利用者を正確に特定し「見える化」を実現
  • ユーザーごとのポリシー制御できめ細やかなセキュリティ対策
  • 二要素認証機能を搭載
VPN
  • 本社と複数拠点をセキュアかつシームレスに接続
  • Threat Free Tunneling(TFT)技術によるVPN通信内のウイルススキャン
  • 多種のプロトコル対応:IPSec/LT2P/PPTP/SSL ※ご利用可能構成は、ハブ&スポーク構成
IPS(不正侵入防止)
  • 7000種類以上の標準シグネチャを搭載
  • 標準シグネチャを自動で最新にアップデート
  • 標準シグネチャに加え、ユーザー自身でシグネチャのカスタマイズが可能
  • シグネチャ型に加え、アノマリ型の検知をサポートしており、未知の脅威にも対策
アンチウイルス
  • デュアルエンジン(2つのデータベース)でウイルススキャン
  • 最短15分毎に最新のデータベースにアップデート
  • HTTP、HTTPS、FTP、SMTP、SMTPS、POP、POPS、IMAP、IMAPSを双方向スキャン
  • ユーザーや管理者が後から確認できる隔離エリア
アンチスパム
  • セキュリティセンターと連携し、リアルタイムで最新のスパム情報を取得・検知または隔離
  • 社内外の双方向のスパムメールスキャンが可能
  • スパムもしくは不審と判定したメールの件名には、任意の文字列を付与
  • IPレピュテーションやRPD(再発パターン検出)技術により、言語・ファイルタイプに関わらず検出可能
メール保護(暗号化・DLP)
  • メール暗号化 ・外部へ送るメールを独自技術で暗号化 ・特別な設定やソフトフェアの導入不要 ・複数の方法で復号化用のパスワードを受信者に通知することが可能
  • DLP(Data Loss Prevention) ・機密情報や重要データを含む外部へのメールをブロック ・マイナンバーや社外秘マークなどに対応 ・メール暗号化機能と連携することで機密情報の自動暗号化が可能
Webフィルタ
  • 90種類以上のカテゴリリスト
  • HTTP/HTTPSサイトをフィルタリング可能
  • Java、Cookie、Activeサイトもフィルタリング可能
  • ユーザー認証機能との連携で、ユーザー・グループ毎にポリシーの割り当てが可能
アプリケーションフィルタ
  • 3000種以上のアプリケーションを認識・制御
  • アプリケーションデータベースは自動アップデート
  • P2P、プロキシアプリケーションを制御可能
  • ユーザー認証機能との連携で、ユーザー・グループ毎にポリシーの割り当てが可能
ATP(Advanced Threat Protection)
  • 端末から外部C&Cサーバー※への送信トラフィックを検査、ブロック
  • IPS/アンチウイルスなどVCRの機能をフル活用して検査
  • DDoS攻撃の加担やスパムメール配信などサイバー攻撃の踏み台にされることを防ぐ ※ ボットネットや感染PCのネットワークに対し、不正なコマンドを遠隔で送信するために利用されるサーバー
WAF
  • 事前に定義されたテンプレートで簡単に設定
  • 最新のハッキングや攻撃から保護
  • リバースプロキシとしての機能を搭載
QoS
  • ユーザー、Webサイト、アプリケーションベースの帯域制御
  • スケジュールで自動有効化/無効化
  • リアルタイムトラフィック検出機能を搭載
無線LAN(WiFi)
  • サポートする無線LAN規格 IEEE802.11 a / b / g / n
  • アンテナ方式 ・3×3 MIMO方式 ※MIMO:Multiple-Input and Multiple-Output
管理インターフェース
  • 使いやすさ、わかりやすさを追求したWebベースGUI
  • 攻撃情報やユーザーの利用状況の把握もひと目でわかるControl Center
  • 複雑なコマンドを使うことなく設定が可能
  • ウィザードで初期設定・VPN設定が用意されており、短時間で設定完了
  • 日本語を含む11ヶ国の言語に対応
ログ・レポート
  • ログ ・各機能ごとにまとめられたリアルタイムなログ ・エクスポート機能を搭載
  • レポート ・社内のネットワーク利用状況を指定した期間でグラフや表での把握が可能 ・追加機器やソフトウェアの購入は不要 ・日次・週次でレポートを自動出力が可能
サンドボックス ※オプション
  • クラウドベース型サンドボックス
  • 実行ファイル型の高度な存在を疑わせる不審なファイルを検知
  • ランサムウェアや標的型攻撃からの防御、保護状況の可視化、解析機能
  • Webサイトアクセスおよびメールに対してサンドボックス機能を利用可能

※ 5GHz帯無線LANは、電波法により屋外では使用できません。