バリオセキュア主催ウェビナー12月開催

「DX化する業務の安定化に必要なマルチホーミングで回線不安を解決!
回線の冗長化でネットへのアクセス、デジタル業務、オンライン会議・授業も安心!」

12月9日 16時よりオンライン講演を配信

バリオセキュア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:稲見 吉彦、証券コード:4494、以下バリオセキュア)は、当社主催のオンラインセミナーを開催し、企業のデジタル化をセキュリティとインフラ面で支えるマネージドセキュリティサービス+オプションサービスであるマルチホーミングを紹介します。日常の連絡や管理業務に加え、DX化による新規アプリケーション利用などネット活用の重要性が更に高まり、その安定利用が必須となっている中で、中小企業が抱えるネットワークの悩みと、その対策を紹介する講演を行います。

■Varioウェビナー概要
開催日時:2021年12月9日(木)16:00~16:45
形式  :オンラインによるLIVE配信(Zoom配信)
参加費 :無料(事前予約制)
主催  :バリオセキュア株式会社
テーマ :「DX化する業務の安定化に必要なマルチホーミングで回線不安を解決!
      回線の冗長化でネットへのアクセス、デジタル業務、オンライン会議・授業も安心!」

いま経営課題の中で一番の注目はDX化による攻めのIT投資。ITによる業務改善や経営分析にはネット利用が必須となっています。
更に、With コロナの時代においてリモートワーク、オンライン会議(授業など)、オンラインコミュニケーションが日常となり通信量も各社で増大しています。
これらの活動を支えているのは回線であり、その安定化が最低必要条件であります。しかし、実際には途中で切れる可能性や遅くなり業務に支障が出る場合は多々あります。
これらを解決するためにマルチホーミングにより複数の回線を接続し制御を可能とする当社のマネージドセキュリティサービスをご提案いたします。

当社では、国内では先駆けとなる2001年よりサービス運営しており、全国で7,350か所以上の稼働実績がありますので、安心してお任せください。
また、当社ITセキュリティ商材の販売パートナーを求めておりますので、お客様に提案したい方も是非ご覧ください。

申込方法:下記URLよりお申込みください。
   https://webinar.variosecure.net/

  1. ランサムウェア攻撃に有効となるデータバックアップサービスの業種別事例集を公開

  2. 『医療機関向け』サイバーセキュリティセミナーを開催いたします

  3. ソリューションサイトにお客様の導入事例を公開しました

  4. サイバーセキュリティ関連コンテンツを集約したソリューションサイトを公開しました

  5. 株式会社USEN ICT Solutions主催『サイバーレジリエンスを強化するバックアップソリューション|WEBセミナー』にて講演いたします

  6. KDDI まとめてオフィス東日本株式会社 主催セミナー『コミュニケーション強化がカギ 最強の組織の作り方』にて講演致します

  7. ランサムウェア攻撃によるリスクと対策に必要な考え方が理解できるホワイトペーパーを公開

  8. バリオセキュアの中小規模事業者向けUTMのVCRとVario EDR/EPPが、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)のサイバーセキュリティお助け隊サービス認定

  9. バリオセキュア、脆弱性診断サービスの提供開始により、 ワンストップでの企業向けセキュリティ支援サービスを強化 【2023年8月17日より販売開始】

  10. 【医療IT関係者様必見ウェビナー】 厚生労働省の最新医療情報ガイドライン 第6.0版に求められる具体的対応とは のご案内