マネージドセキュリティサービス

企業のネットワーク、セキュリティ、冗長化課題を
シンプルに解決

マネージドセキュリティサービスでは、企業のセキュリティ、
ネットワーク上の課題を解消する機能と、対策に必要な機器、
運用・保守、技術サポートまでワンストップで提供することで、
企業におけるセキュリティ対策をシンプルに実現することができます。

企業のネットワーク、セキュリティ、冗長化課題をシンプルに解決

企業規模を問わず
対策の必要なゲートウェイセキュリティを提供

インターネットと企業ネットワーク間に接続された機器の運用監視により、
様々な機能の提供と、包括的なセキュリティ対策を可能にします。

IPv4, IPv6両環境に標準対応したトータルサービス

サービスに含まれるセキュリティ機器だけでなく、お客様環境に合わせ
追加可能なセキュリティ機能、VPN機能、冗長化機能もIPv4とIPv6に
標準対応しています。

IPv4, IPv6両環境に標準対応したトータルサービス

自社開発の機器、監視システムによる
一貫したサービス提供力

数々のセルフチェック機能を備えた自社開発のセキュリティ機器を、
自動監視システムと高度に連携させることにより、
運用監視の高効率化を実現しています。

managed04_2

クラウド環境や仮想マシンへのセキュリティ対策

自社データを預けるクラウド等の仮想環境におけるセキュリティ対策も、マネージドセキュリティサービスによる24時間365日体制の安心なサービスにより実現します。

クラウド環境や仮想マシンへのセキュリティ対策

提供機能一覧と機能概要

※提供機能は、VSR、仮想VSR、VMRにより異なります。

ルータ(基本サービス) OSPF、RIPをサポートするルータとして機能します。
ファイアウォール ファイアウォールシステムとしてセキュリティインシデントの回避を目的として機能します。パケットの送受信を制御し、外部および内部からのアクセス許可を必要最小限に抑えます。
IDS/ADS IDS: 不正侵入を検知するシステムです。ファイアウォールの直前で作動し、より詳細な分析を行うことで不正侵入を検知します。
ADS: 不正侵入を防止するシステムです。IDSで検知した不正侵入行為を行っている者からのパケットを全て拒否し、内部への侵入を防止します。
拠点間VPN VPNシステムです。128ビットの強固な暗号化システムにより、インターネット上に仮想的なプライベートネットワークを構築します。
セカンドHQ 拠点間VPNのハブ拠点を二重化し、メインのセンター拠点がダウンした場合は、自動的に予備のハブ拠点への切り替えを行うことで、スポーク拠点の通信を維持します。
リモートVPN/プラス/IPsec 遠隔地にあるユーザクライアントを暗号化されたVPN通信で拠点に接続します。
VPN for Amazon VPC Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC)へのVPN接続を行います。
VPN for Azure Microsoft AzureへのVPN接続を行います。
L4ロードバランサ Layer 4の負荷分散機能を提供します。負荷分散先サーバのポート監視機能を持つため、サーバに障害が発生した場合に、そのサーバをサービスから自動的に切り離すよう動作させることが可能です。
L7ロードバランサ ECサイトやSNS/モバイルサイト市場に需要の高い、アプリケーション層(Layer 7)での負荷分散や各携帯キャリア別のサーバ振り分けを自動的に行うことが可能です。
マルチホーミング 2本の回線を収容し、一方の回線に障害が発生した場合、当該回線をサービスから切り離す処理を行います。これにより、インターネットアクセスの冗長性を確保します。障害から復旧した後は当該回線の利用を自動的に開始し、正常時の構成に戻ります。
ホットスタンバイ VSRに障害が発生した際、自動的に予備機へ処理を引き継がせる事で、より確実な運用を可能にします。
URLフィルタ 業務に不要なサイト、情報漏えいやスパイウェアへの感染の恐れのあるサイトの閲覧を制限します。
InterSafe WebFilter アルプス システム インテグレーション社のWebフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」の500ユーザ以上の運用環境を、マネージドサービスとして提供します。
ウィルスプロテクション メール、ウェブのウィルスプロテクション機能の提供により、自動的に更新されるウィルスデータベースとのマッチングにより、ウィルスを検知・排除します。
サンドボックス VSRを通過するメール添付ファイルを仮想環境で実行し、判定スコアに基づいた添付ファイルの送信や削除を実施します。
WiFi VSR800、600、400を無線LANアクセスポイントとして使用し、WiFi機器の接続を行います。
LAN監視サービス お客様環境に設置されたVSR配下の機器に対しPing監視を行い、自動で管理者様へメール通知するサービスです。
マネージドセキュリティレポート お客様がご利用中のセキュリティアプライアンスのご利用状況や防御傾向、設定情報を毎月1つのレポートにまとめて提供するサービスです。
コントロールパネル システムの稼働状況および現在の設定情報を表示します。管理担当者が日々必要とする情報を、ほぼリアルタイムに統計解析し、分かりやすい形で表示します。また、現在のセキュリティポリシーの参照も可能です。
サービス利用契約約款 VarioSecureサービス利用契約約款(第4.2版)icon_pdf
VarioEndPointSecurity-Fサービス利用契約約款 icon_pdf
バリオマネージドサービスについてのお問い合わせ、サービスお申込みに関するお問い合わせ